ワキガってうつるのか?

ワキガは、脇の下や乳輪、性器周辺などの特定の部分からの汗が強い臭いを放つのが特徴です。

これは、これらの部分にアポクリン腺という汗腺の一種が分布しているからです。この部分から分泌された汗が、皮膚常在細菌に分解される事により、臭いの元になる物質が作りだされます。

汗と細菌との相互反応による症状であり、思春期以降に発症するのが一般的です。

アポクリン腺の分量は、遺伝により決定されます。

つまり、ワキガはうつる様な症状ではないという事になります。日本人では、約10パーセントの割合で発症すると考えられており、少ないという事でどうしても目立ってしまいます。このために、必要以上に疑問を持ってしまい悩みにもつながります。

国や地域によりワキガに対してのとらえられ方は様々であり、個性の一種として認識されている場合もあります。生命に直接影響を及ぼす症状ではないので、ストレスを抱える必要はありません。どうしても苦痛という場合でも、医療機関で治療を受ける事により完治させる事が可能です。

根本的な原因であるアポクリン腺をメスで取り除く事が出来るからです。症状が重度と判定された場合は、健康保険が適用される保険診療として分類されています。