アトピーが原因のかゆみを抑える抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬

アトピーのかゆみを抑える治療方法でよく使われているのが、ステロイドやタクロリムスを使用した外用薬による治療です。特にステロイドは痒みを抑える薬としてとても有名なのではないでしょうか。アトピーは、基本的に外用薬で治療を行っています。

アトピーの症状を抑えることができる内服薬もありますが、内服薬を長期間使用すると副作用が生じる可能性が高いのです。

そのため、重度のアトピーの場合は一時的に内服薬を使用する場合もありますが、基本的には外用薬のみでの治療が行われています。アトピーによる炎症は、炎症性物質が発生しやすいという特徴があるので、外用薬を塗ることで炎症を抑え、そのおかげで痒みも緩和できるのです。また、痒み事態を抑える内服薬ではありませんが、最近は抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を使用して治療を行い場合があります。

痒みが酷いと、患部をかいてしまい、皮膚が傷ついてしまうでしょう。そうなると、肌を保護する力が弱まり更にアトピーが悪化してしまうからです。これらの薬を使用する事により、体の体温の上昇を防ぎ痒みも抑えられます。