関節痛の様々な要因について解説します。

起床したときや長時間同じ姿勢で居たとき、歩いた時などに関節が動かしにくくなったり、痛みを感じる症状のことを関節痛といいます。
関節痛が起こるのは、様々な要因があります。
一番多いとされるのが、通常骨と骨の間にある軟骨がクッションとなり、動くことをスムーズにしていますが、この軟骨が老化とともに、欠けたり減ったりすることによって周囲に炎症を起こして、関節に痛みが出て来てしまうのです。
この関節を酷使することによって痛みが出て来てしまう症状は、ハードなスポーツを行っても出て来てしまいます。
そのほか、長時間同じ姿勢でいたり冬の寒い時期に起こるものは、血液の流れが悪くなることによって、周囲の筋肉が硬くなり、関節痛になりやすい腰や肩などの動かす部分に負担がかかり、痛みが現れることがあるのです。
このように関節に負担がかかることによって、関節痛は引き起こされます。
予防するためには、過度の運動はやめ、負担の少ないウォーキングを行う、体重が増えると膝などに負担がかかるため、適正体重を維持する、長時間同じ姿勢でいることは避け、一時間に一回はストレッチなどをする、筋肉を硬直するのを避けるため身体は冷やさないようにするなどの対策をすることができます。

関節痛 サプリメント