睡眠薬とアルコールの併用の危険性

寝酒を飲む習慣がある方も多いようですが、実際には寝る前にお酒を飲むのが睡眠の妨げになることも多いです。

眠れないからと言って、睡眠薬とアルコールを併用すると身体にとても危険な影響を及ぼすリスクがあることを覚えておきましょう。睡眠薬とアルコールを併用すると、翌日まで睡眠薬の影響が残りやすくなります。

普通なら睡眠中に効果が切れるはずなのに、アルコールを飲んでいるために朝、起きられなくなったり日中に眠くなったりと悪影響を及ぼします。

また、睡眠薬を服用すると服用後の記憶が無くなると知られていますが、アルコールの併用によってさらには記憶障害が起こりやすくなります。睡眠薬には筋弛緩作用がありますが、アルコールによって筋弛緩作用を強めてしまうのでふらつきや転倒のリスクを高めてしまいます。睡眠薬をやめると一時的に不眠が悪化したり、震えや発汗などのリバウンドが生じることがあることが知られています。

アルコールと睡眠薬を併用することによって、リバウンドが増強されて睡眠薬をやめたくてもやめられなくなってしまう危険性があります。睡眠薬には攻撃性や不安感が高まったり怒りやすくなるという症状が出ることがありますが、アルコールとの併用によって症状が強く出る危険性があります。

眠れない